LaAsure -ラアシュア(実用新案取得済)軟水の炭酸泉は、プロスだけのオリジナルラアシュアは、軟水泉と炭酸泉を同時に生成する今までにない画期的なユニットです。炭酸泉を用いた全く新しい美容法。頭皮や毛髪に対する炭酸泉の効果はその効果から注目され始めています。ラアシュアは素材水に着目家庭用炭酸泉を応用した従来技術では水道水に炭酸ガスを混合するものの、炭酸ガスを溶かし込む「水」には着目していませんでした。プロスリッチではお客様の頭皮、毛髪に優しく、また、施術者の手指に負担の無い「素材水」に着目。炭酸をブレンドする素材水こそが重要だということで「軟水」にたどり着きました。その答えが軟水炭酸泉生成器「ラアシュア」です。ソーダバイブレーションマッサージが毛穴の汚れを除去しながら頭皮の血行促進を促します独自の技術開発(実用新案取得済)で水道水を軟水に変化させて炭酸をブレンドし、更に1分間に約120回のウェーブ振動を起こしながら、シャワーヘッドから直接軟水炭酸泉を供給することを可能にしました。このソーダバイブレーションマッサージは毛穴の酸化脂肪を除去し、頭皮はもちろん毛根、末梢血管の活性化を促します。 

「軟水泉」の特徴軟水とは?硬度成分とは、水中に含まれる金属成分のことで、代表的なものがカルシウムイオン、マグネシウムイオンです。「硬水」は、カルシウムイオン、マグネシウムイオンなどの硬度成分が多い水、反対に、それらの硬度成分が少ない水を「軟水」といいます。水道水から硬度成分を取り除いて軟水にラアシュアは、内蔵のイオン交換樹脂に水道水中のカルシウムイオンやマグネシウムイオンを吸着させ、ナトリウムイオンを放出する仕組みで、水道水中の硬度成分を除去して軟水にします。このときに水中に放出されるナトリウムイオンが温泉のようにマイルドな湯質(ナトリウム泉)となり、肌触りのスベスベとするラアシュア軟水に変化させます。硬度成分を除去しないと水道水を使用していると、シンク周りに白い結晶(水あか)が付いてしまいます。コレこそが硬度成分(カルシウムイオン、マグネシウムイオン)の正体です。シンクに付いた水が蒸発し、硬度成分だけが残り付着した状態です。また、石鹸カスが出来るのは、石鹸の脂肪酸ナトリウムと水道水に含まれる硬度成分(カルシウムイオン、マグネシウムイオン)が合体し、脂肪酸カルシウム、脂肪酸マグネシウムといった、いわゆる石鹸カス(不溶性金属石鹸)の状態なのです。石鹸カスは毛髪や肌にも付着します。よく石鹸で顔を洗うとキュッキュッとし、つっぱった感じになりますが、それこそが石鹸カスの正体なのです。

「炭酸泉」の特徴ラアシュア軟水炭酸泉の特徴炭酸泉とは炭酸ガスが溶け込んだお湯のことです。その炭酸泉が持つ毛髪や皮膚との共通点はと言うと、炭酸の溶け込んだお湯と毛髪や皮膚の持つpHが弱酸性でほぼ同じだという事です。また、この炭酸泉を経皮吸収することにより、人の体はその取り込んだ炭酸ガス(CO2)により体内が酸素不足と認識し、逆により多くの酸素を体内に運ぼうと血管を拡張させ血流の流れを活発にさせます。老化により硬くなった血管(動脈硬化)の改善に良いというのはこういった血管の収縮作用を促すからです。このことにより、毛母細胞が活性化され、育毛効果が発揮されます。美容施術にラアシュア軟水炭酸泉を使用するメリット/ラアシュア軟水炭酸泉は美容施術に最適です(スパ編)ラアシュア軟水炭酸泉はタンパク質に吸着する性質があります。頭皮の表面に残る不要な角質や汗、過酸化脂質などの汚れを取り除くので、頭皮代謝が良くなります。また毛根育成に悪影響をおよぼす毛穴の脂質や老廃物も除去し、血行を促進するので育毛へも良い効果が得られます。(ケミカル施術編)カラー・パーマ剤等のケミカル施術にラアシュア軟水炭酸泉を使用することにより、毛髪内部のアルカリ性残留物の除去や薬剤で切断された毛幹部の塩結合の再結合もするので、間充物質の流出も防ぎます。プロスリッチの酸リンス「ヴァイタルリキッド」と併用することにより、アルカリ性残留物の除去や塩結合の再結合処理が完璧になり、シスチン結合を安定させます。驚愕のアンチエイジング効果ラアシュア軟水炭酸泉中の炭酸ガスは酸素の25倍の透過性があり、このことが血流を活発にさせる要因です。pHも4.5~5.5の弱酸性なので頭皮の血行を促進させつつ、引き締めます。頭皮が引きしまることによりお顔のリフトアップも図れます。その効果は、一度の施術でお客様が実感するほど!!また、頭皮全体の血行が促進され、発毛に適した頭皮環境に整えます。

軟水炭酸泉 ラアシュア これは、ヤバイ(笑)

レディス4で放送されました♪

昼おびにもでましたよ♪